エコの説明と、日々の生活の中で行える活動の一例について

エコのことを考えて買い物をする

エコの説明と、日々の生活の中で行える活動の一例について シャンプーを買うとき、同じものなのにパッケージが異なることがあります。一つはプラスチックのボトルに入っています。一つはしっかりはしていますがビニールの入れ物のようなものに入っています。中身は同じようですが、多少容量は違っていて、ボトルタイプのほうが多くなっているようです。値段の方はボトルタイプが高めになっています。ボトルタイプならポンプを押すだけで浸かるので便利です。袋入りの方はそのままでは使いにくそうです。

袋入りのものは詰替え用の商品になります。以前にボトルを購入している場合などの場合、自宅にすでにあると思います。そのボトルは壊れていなければまだ使うことができます。詰め替えることによって無駄が省けエコになるのです。袋入りの方は詰め替えによって中身を取り出すとコンパクトに折りたたむことができます。ボトルを捨てようと思うと中身は空ですがかなりかさばります。袋入りは小さいのでそれほどかさばらずに済ませることができます。

シャンプー以外においても洗剤などにおいても同じようなタイプがあります。食品の場合はどうしても詰め替えるのに抵抗があるかもしれませんが、石鹸や洗剤ならそれほど抵抗もありません。食品においてもつめ替えて使うものはあります。塩などは使いやすい瓶入りがありますが、袋入りならたくさん入って価格も安くなります。腐るものではないですから袋入りを購入したほうがいいのでしょう。商品によって買うときに考えるようにします。


Copyright(c) 2022 エコの説明と、日々の生活の中で行える活動の一例について All Rights Reserved.