エコの説明と、日々の生活の中で行える活動の一例について

電池をエコに使い分けられるアイテム

エコの説明と、日々の生活の中で行える活動の一例について 電気を使うものとしては、コンセントから直接得るもの、コンセントから充電をして充電池から使うものなどがあります。パソコン関連であればUSBから充電したりすることができるものもあります。最近のものではそういったものが多くなるのですが、少し前のものだと乾電池を使うものもあります。懐中電灯であったり、掛け時計、目覚まし時計などで使うこともあります。電池の種類としては単1から単4ぐらいまでを主に使っているでしょう。

単1は一番大きいです。寸胴型です。単2も寸胴ですが単一より少し小さいです。単3は単2と同じくらいの長さですがスリムです。単4は単3より更にスリムになります。それぞれの機器にはそれぞれ適した電池を使わなければなりません。単2であれば単3の電池が使えそうですが使えないのです。自宅にそれぞれをストックしておくのですが、使用頻度の少ないものは長年自宅で眠ります。少しずつ放電をして、電気料が少なくなることがあります。

せっかく買ったものがその性能通り使えないのはもったいないです。エコのことを考えた使い方をしてみましょう。それは一つの乾電池で複数の乾電池のようにできるアダプターです。使うのは単3の電池で、単1、単2の電池にすることができます。サイズをそれぞれ大きくすることができるのです。アダプターを使えば、単3の電池でもしっかりとはまるようになります。単1や単2に関しては買う必要がなくなり、無駄も少なくなります。

お役立ち情報



Copyright(c) 2022 エコの説明と、日々の生活の中で行える活動の一例について All Rights Reserved.